天然素材の白髪染め〜利尻昆布〜

最近テレビCMや新聞広告などで目に付くのが利尻昆布のヘアカラーです。「昆布で白髪が染まるの?」と思っていましたが、どうやら昆布自体が白髪を染めるのではなく、昆布に含まれる保湿成分に、白髪染めすると起こりがちなパサパサ感を防いでくれる作用があるらしいです。「利尻ヘアートリートメントカラー」が人気で、白髪用ヘアマニュキュアブランドシェアで全国一位ですが、実際に白髪を染めるのはシコン、クチナシ、ウコン、アナトーといった植物色素で、利尻昆布はトリートメント効果のために使われています。ともあれ、すべて天然素材であることが売りの商品です。
このようなトリートメントタイプの白髪染めは、一回できれいに染まらないという難点がありますが、できるだけ髪や頭皮へのダメージが少ないことを優先するのであればお勧めですね。それに昆布ってネバリがありますよね、あれを髪に塗るのですからしっとりしないわけがないでしょう。「髪にやさしい」「匂いがツンとこない」「髪がパサつかない」「頭皮がかぶれない」などの多くの口コミも功を奏して、「白髪に昆布」は今や常識の域に達しているようです。昆布のブランド品である利尻昆布を使っているという点でも日本人にはアピール力がありますし、あの黒光りした昆布と日本人の美しい黒髪のイメージがつながってしまうのは不思議なものです。

注目記事

Copyright(c) 白髪染め選びに役立ててください. All Rights Reserved.